apapaの日記

apapa奮闘記

じいさんのおかしな生活

このところじいさんがおかしい。

あまりにもおかしいので、ここに書いてあることが信じられるかどうか?

 

まず、ひどいときはトイレ通いが2分もたない。

要するに、下痢をしている人がトイレの前から離れられない状態になるけど、あの状態。

おなかが痛いわけでもない。

なのに、出たり入ったりするのだ。

立て続けに10回くらい入ってすぐにまた入って…という感じ

思わず出る言葉は「何なの?」

 

次に、雨の日に多いが、夜9時くらい、外に出ていく。

「眠れない」とか。

まだ眠る時間ではないが、それなら2階でテレビでも見てればいい。

しかも、それも繰り返し行く。

昨日は着替えるのが面倒になったのか、パジャマのまま出て行った。

出ていって10分くらいで帰ってくるが、おかしい行動だ。

 

トイレに入ったら必ず痰をかーーーっと出す音が聞こえる。

そして、最後に便器に向かってプっとそれを吐く音がもろに聞こえる。

それが繰り返されるので、動けない夫はストレスがたまりまくる。

私がたまにトイレに入ると、赤黒い感じのシミが便座についている。

気持ち悪いので毎回拭かないと座れない。

 

さらに味覚異常。

この前冷やし中華をつくった。

その時、目の前で見たじいさんの行動。

 

まず、一口食べた。

やにわに立ち上がり、しょうゆを持ってくる。

そこで目の前の冷やし中華に醤油を3回まわしかけ。

それだけでも(うわーーーー)と思ってみてるのに、一口食べ、回しかけ、を三回繰り返した。

そして、挙句の果てに「もういらない」

食べられないだろ、当然、そんなもん!

 

この調子で何にでも醤油をかけ、おいしそうに食べればまだいいが、結果的に「もういらない」

これでは、作る気もなくなる。

文句も必ず言う。

そんな調子なのに、醤油がかかっていない料理には「しょっぱくて食べられない。塩食べてるみたいだ」「甘くて食べられない」

これではこっちも一緒に食べることだけでもげんなりする。

 

ばあさん!

デイサービス行かせろ!