apapaの日記

apapa奮闘記

自己牧会プログラム2

今日から、自己牧会プログラムのセッションを見た感想を書くことにしたい。

あまりにいい内容なので、かみしめておきたいからだ。

 

昨日のセッションは、2世の女の子が「思い通りにならなくても大丈夫」というワークで自分が変わった、という内容で、何よりも生き生きと楽しそうに、この内容を皆に伝えたい、という気持ちが伝わってきて、その姿に感銘を受けた。

 

自分が「こうであるべきだ、なぜこうできないのか」と人に対して知らず知らず思ってしまうこと、自分が正しいと思うことが囚われで、それに気づくことにより、人に変わってもらいたいという動機から、自分を変えるためのワークになったという。

 

本当に、嬉しそうだった。

その嬉しそうな姿を見ていると、私もそうなりたいと思った。

 

だから、そうなのだ。

自分もそうなりたいと思わせること。

それが、伝道なのだなと。

 

朝、祈っていて、どうしたら今の私が変われるのかと思っていたら、声が胸から聞こえてきた。

温かい声だった。

 

私はいつもおまえとともにいるよ、と。

 

お父様。

そうですね。

私は愛されている。

 

だから、思った。

人を変えようと思うのではなく、愛されていることを信じて与え続けよう、と。

思い通りにならなくてもいいから、与え続けようと。

 

なんと力の出ることか。

神様。

私はあなたに愛されている。

 

頑張ります。