apapaの日記

apapa奮闘記

今日という1日

今日は朝から1日雨だった。

だから、一歩も外へ出なかった。

 

午前中、夫はずっと寝ていた。

私は寒かったので、台所にいたが、じいさんもばあさんもそこにいる。

テレビも見ていろいろしゃべるので、それがうざったくて、2階に逃げた。

 

じいさんの能書きを聞くのも嫌だし、早く2階に行ってくれないかなあ、と願う自分がいた。

 

知人の出産祝いに子供服を1着送ってあげたら、そのお礼に5つ入ったバームクーヘンが届いた。

 

5つしか入ってないので、一人1個ずつだ。

まず、夫におやつとして1個あげた。

 

あと、4つだ。

1つずつ食べて1個余るので、夫のおやつにまたあげようと思っていた。

 

そしたら、じいさんが箱を見つけて、これはなんだ?と開けて、友達の出産祝いのお返しだよ、というと、1個ごちそうになろうかね、と言って食べてしまった。

 

あと3個。

わたしとばあさんと、夫にと思っていると、夜、もう一個食べようかなというじいさんの声が聞こえて、夫のところにいた私は台所に戻り、「5個しかないんだから1個ずつだよ!」と叫んでしまった。

 

ずっとじいさんが食べるんじゃないかと思って、気にかかっていた。

食べさせたくないので、私は夜自分の1個を食べてしまった。

明日になって、忘れてまた食べようとしたら、私の分がなくならないとも限らない。

 

なんだか、小さいことだが、昔から食い物の恨みは強いという。

じいさんは、私がもらったのなら、私の前に食べてはいけない。

いつも、そんな小さな順番があることをわからない人なので、腹が立つのだ。

 

ああ、今日もじいさんを許せなかった。

私は、このじいさんを祝福なんてできやしない。

 

神様、どうしたらいいでしょうか?