apapaの日記

apapa奮闘記

うちのじいさん

うちのじいさん、というのは夫の父親のことである。

同居している。

今は隠居生活で、少し認知症が入っている。

しかし、気概はあり、元気である。

 

元気なのには、原因がある。

医者に行きたがらないが、メンタルクリニック認知症の薬をもらっているほかに、不安症の薬ももらっている。

それを、この前3倍に増やしてもらったら、元気になったのである。

 

しかし、元気になったらなったで、減らず口は聞くし、やってもらいたくないことに手を出して、能力がついて行かないので逆に面倒をかける。

今日も、洗面所につまようじを落としたとか言って、洗面台の下のパイプを取り外し、そこになにかまた落っことしたと言って大騒ぎになった。

水が流れなくなったら、大ごとである。

 

結局、試しに流してみたら、落っことしたものが流れて行ったので、事なきを得たが

 

本当に、面倒ばかりかけるのだ。

 

正直、私はこのじいさんがやることなすこと、すべてが嫌いである。

全部、理にかなっていれば納得もするが、自分なりに理由をつけていることがまったく納得がいかない。

 

息子は、このじいさんが大嫌いだった。

私も、嫌いである。

 

しかし、このじいさんばあさんをまず祝福してあげるのが私の課題なのだ。

絶対無理。

 

心情的に。

 

まず、やりたいと思うことが始まりである。

でも、やりたくないのだ。

できれば、祝福なんてしてあげたくない。

 

この気持ちをどう転換するか。

私の一番の課題。

 

この前、少しだけ祈った。

そしたら、「愛してあげることだよ」と良心の声。

 

ああ、無理。

 

誰か、この心情をわかって。