apapaの日記

apapa奮闘記

夫のおむつ替え

夫が退院して来てから、日中のおむつ替えはヘルパーさんに来てもらうが、家にいる時間は私がやるしかない。

 

夫はもともと排泄が不規則で、決まった時間に出るわけではない。

でも、だいたい私がやる時に、大きいほうをする。

しかも、2、3日に一度なので、大量である。

 

最初はおむつ替えの方法もあまりよくわからず、リハビリ病院で教えてもらったのを思い出しながらやっていたが、手際が悪く、朝の時間のないときに大量の排泄があったりすると、パニックになりそうだった。

 

思わず腹を立てて文句を言いながらやったりすると、当然夫はいい気持ちがするわけではない。

結局、けんか腰の言い合いになって、後悔することもしばしばだった。

 

最近はようやく慣れてはきたが、果たしてこの現状をどう感謝していくか、それが課題だった。

 

でも、この前、ふと思った。

なぜ、神様は私にこんなことをさせるのだろうかと。

 

これは、一番汚いことをきれいにすること。

このことによって、私の心もきれいになって行く。

 

そう考えることにした。

そしたら、落ち着いいてやれるようになり、自分でも工夫できるようになった。

 

すべては、神様が私のために与えた環境である。

これを、感謝して受け止めていくのが信仰である。

 

今はただ、そう思って行くことにした。

人間、ものは考えようである。