apapaの日記

apapa奮闘記

10/10

今日は病院へ行くと、夫はリハビリ中でいなかった。

引き出しの中を見ると、請求書が来ていた。

175000円。

先月よりは安く済んだか。

 

夫にお金の話を意識させたくなかったので、守られた。

まだ解怨献金は完納されていなかったので、もう少しの辛抱だ。

おさめてさえしまえば、あとは祝福まで100日。

このところ、出費が先立って、大変である。

今日確認してみると、装具代の返金はまだ今月末と言うことだった。

 

今日は小澤さんと渡辺さんが日中家屋調査だったので、後にスケジュールが押してしまって、夕食間際まで渡辺さんのリハビリが続いた。

渡辺さんと明るく冗談を言っている間は、夫は楽しそうである。

でも、ちょっと元気はないと渡辺さんが言っていた。

私も渡辺さんのように明るくできればいいが、あまりそういうタイプでもない。

 

夫にはリハビリを頑張ってほしい。

最近はアイビスという電極の機器をつけて、筋力を鍛えているようだ。

左足と右肩が痛いと言っていた。

 

左足は、筋肉疲労の痛みだそうだ。

右肩は今使いすぎてるので痛いようだが、腫れがないので、まだいいという。

 

夕食は魚のほぐし身とカレー味のマッシュポテトだった。

マッシュポテトはほとんど残したが、後は大体食べた。

 

浦辺さんは退院したが、代わりに隣のおじさんが入ってきて、やはりうるさいので、昨日喧嘩したという。

なかなか、4人部屋も大変である。

 

息子は、来週火曜日、ゼミのことで悩んでいた。

就活の体験談を話すのだが、ゼミの仲間で、最近どうしても付き合うのが無理だと感じている男の子がいるらしい。

内心疎んじているので、ラインもそっけなく対応しているようなのだが、相手がわからないらしく、息子がやりたくないことをお願いしてきているという。

話を聞いているとよくわかるのだが、相手はよくいる、そういったことににぶいタイプの子だ。

息子は常識人だが、心に土足で踏み込まれるようなことをとても嫌う。

だから、行くのやめようかなと悩んでいるのだ。

 

これからの人間関係、勉強だろうけど…

 

でも、ゼミの仲間にも会いたいし、ゼミの先生にも挨拶してきたいという。

ならば、そっちを取ったほうがいいんじゃないの、とは言っておいた。

どうするかはわからないが…