apapaの日記

apapa奮闘記

10/2

今日病院へ行くと、病室に夫はいなかった。

リハ室に行くと、リハビリを終えたところだった。

今日は、トイレの練習をしたらしい。

昨日ほどは調子も悪そうではなかった。

 

渡辺さんの存在は大きいかもしれない。

このところ、彼岸休みで3連休を取っていたので、その間左手のリハビリをしなかったら、親指と人差し指が固まってきつつあるという。

だから、今日は痛いとわかりつつ、けっこうやった、と言っていた。

 

夫は昨日、夕飯をほとんど食べられず、飲んだお茶を吐いた。

やむを得ず、デザートだけにしたが、あのあと、熱が37度出たらしい。

よっぽど無理をしてたのだろう。

疲れが出たようで、温さんも、少し休みながらやりましょうと言ったようだ。

 

私も昨日のことは悔い改め、信じることにした。

余計な目に見えることよりも、自分の感性、霊性を信じようと思う。

 

今日は夫は夕食は嫌いなナスの料理は手を付けなかったが、それ以外は全部食べた。

そのあと、痰が絡んで大変そうだったが、やれやれである。

 

また台風が来ているらしい。

チラシ配りができなくて困るが、仕方がない。

静岡の友達の家は停電に見舞われ、3日めの今日ようやく復旧した。

でも、BSアンテナが曲がり、見れなくなったことと、給湯器がだめになり、お風呂が入れなくなっていたらしい。

シャワーだけは業者に使えるようにしてもらったらしいが、15万かかるという。

それでも、かなり安くしてもらったようだが。

うちなんか、そんなことなったら修繕費もないよ…

 

だから、やれるうちにやっとかないと。

先祖祝福は大切なことだ。

私以外やってあげる人がいない。

先のことは考えない。

やれることを感謝しよう。