apapaの日記

apapa奮闘記

8/14

今朝、広尾病院へ文書を取りに行こうと思っていたら、電話がかかってきて、

返金に3週間ほどかかるという。

それならば、文書もその時に受け取ります、と答えた。

 

そしたら、また後程かかってきて、かなり自分で書くのが難しい書類なので、ほかに先生が書くものはないでしょうか、もしなかったら診断書を書いたほうが、という。

 

保険会社に電話して聞きます、と言い、電話して聞いたら、やはりそれでいいという。

なので、やはり預かってもらうことにし、返金の手続きをしてもらうことにした。

 

高額療養費と、高額医療、介護保険合算制度というものも調べてみた。

毎年、8月~翌年7月まで、自己負担額が67万円以上かかった場合、返金される制度で、介護保険の窓口で自己負担額証明書というのを出してもらい、請求するらしい。

 

うちは、5,6,7月ともうすでに高額療養の対象で、7月は病院を移っているため、病院同士の連携は取れていないので、7月分は2か所で限度以上かかっているため、高額療養費を請求できる。

それなんか、知らないとそのまま終わってしまうだろう制度だ。

 

午後から、病院の支払いもし、夫のところへ行く。

リハビリで疲れたのか、大いびきをかいて寝ている。

2時20分からリハビリが入っていたので、起こした。

 

リハビリまでの間、左手の指をほぐすようにもんだ。

せめて、少しでもリハビリの役に立てばと思った。

 

2時半ころになって、いつもと違う男性の先生が来た。

夫が「マー君」と呼ぶ人だという。

確かに、しゃべり方や、声が似ている。

 

力士の鶴竜のトレーナーをしていると言った。

車いすでリハビリ室へ移動する。

 

今日は、まず、左手を右手と同じように動かす訓練を最初にした。

なかなか辛そうである。

そのあと、大きなゴム風船を跳ね返すリハビリ。

そのあとは、腹筋や背筋を鍛えるリハビリ。

その次、立ち上がりの練習を2回。

 

かなりきつそうなので、休み休み行う。

血圧は138と89くらいだったか。

 

さっき左手をもみほぐしていたことが、いい効果を生んでいたようで、あのくらいでリハビリってそんなに進むんだ、と半ば驚き。

明日からもやってあげようと思う。

 

帰ろうとしたら、夫が病室まで来て、という。仕方なく戻ったが、帰ろうとすると引き留めるので困った。

強引に帰ってきたが、なかなか大変である。

 

今日は息子が夕方から職安に行っていたので、その後はのんびりできた。

なんか、毎日疲れる…