apapaの日記

apapa奮闘記

7/6

今日は朝から雨だったが、夕方は小雨だったので自転車で病院へ行った。

行くと、看護婦さんが「お待ちかねですよ」という。

「なんでもっと早く来ないんだよ!」と怒られたが、5時まで仕事してるのに、無理言うなって。

そういうと、まだそんな時間か?という。

雨だから、暗いためにそう思ったのだろう。

 

かゆいから、股を掻いてくれという。

つなぎ着てるから、そういうのも大変なんだよ。

 

でも、点滴は今日の12時半で取れるという。

クッシング症候群の件は、とりあえず保留なのかな?

 

看護婦さんが手伝ってくれて、股のかゆいところを見たが、確かに赤くはなってるが、それは掻いたからで、おしりは赤くなってないということだった。

 

血糖値は175とかだった。

まあまあである。

インスリンを打った後、食事。

昼はわりと頑張って食べたらしい。

夜のメニューはかに玉とジャガイモの煮たもの、すりおろしリンゴだった。

 

薬を飲むので、一緒に飲むのにフルーツは置いといてね、と看護婦さんは言ったが、せっかくの楽しみのすりおろしリンゴが、粉薬なんか混ぜたらおいしくない。

だから、お茶で飲めばいいね、と言ってそれは食べさせることにした。

 

かに玉とご飯を割と食べたが、食べるのにスプーンを持つのが疲れて、ある程度食べると食べる気力がうせてしまう。

それでも、かに玉はほとんど、ご飯は半分くらいは食べたか。

なんとかよろよろとスプーンを口に運び、食べることができる。

これもリハビリだ。

 

トイレに行くと言い張ったが、看護婦さんに、「まだ座れないからダメなんです。

もし連れて行って、座ってるうちに倒れちゃったら、私たち、起こせない」とビシッと言われた。

そしたらおとなしくなった。

 

まあ、しばらくはこの繰り返しかも。

でも、かなり元気にはなってきた。