apapaの日記

apapa奮闘記

6/23

今日は朝は晴れていたのでチラシ配りも行ったが、午後から雨とのことだった。

義父母を病院に連れて行くことになっていたが。義父が朝からなにか調子が悪いという。

寝てるというので、11時から義母とタクシーで病院へ行った。

 

行くと、なにかベッドのところでやっている。

しばらく置いてなかったモニターがあり、男性が何かの処置をしている。

邪魔になってはいけないので、いったん出て、看護婦に何をやっているのか聞いた。

心臓のエコーだそうだ。

なにかチェックするためにやってるのかな、と思った。

 

少し、病棟の待合室で待っていると、看護婦が終わったと呼びに来た。

ベッドに行くと、少し眠そうだった。

 

おでこに汗をかいている。

たぶん、着ているつなぎが暑いのだと思う。

汗を拭いてやり、顔を拭いてやった。

手足は冷たいが、ちょっと汗っぽい。

 

食事の前に、血糖値を測る。

今日は186くらいだった。

インシュリンを打ってから、食事である。

 

食事は今日牛肉のソテーと、ゆでたアスパラ、蕪の煮物とナムル、ヨーグルトとキウイだった。

リハビリ用のスプーンがついている。

昨日の大きなスプーンより、はるかに使いよかった。

 

がんばって、お肉はほとんど、ご飯は半分くらい、ほかは何口かで、ヨーグルトだけは全部食べた。

 

食後の薬を看護婦が持ってきた。

錠剤だったが、粉末ではないのですか、と聞くと、「粉砕してきます」と持って出て行った。

今度は、ご飯に振りかけたりせず、とろみのついたお茶でねって、スプーンで口に入れた。

そうそう、そうじゃなきゃ、まずいでしょ。

 

三島先生が出勤日だというので、後で来るというので待っていたが、なかなか来ない。

それで、看護婦に伝える。

まもなくして、三島先生が来た。

 

脳の追加手術はもうしないとのこと。

さらに、朝胸の息苦しさを訴えたので、エコーをしたが、大変な病気はなさそうだ。

まあ、心臓が右にかたよってる、みたいなことがあるので、何かの影響で胸が苦しかったのだろう。

 

暑がって、また額に汗が出ているので、帰りに看護婦に声をかけ、冷たい氷まくらをもっていってもらった。

 

 

タクシーで帰ってきて、ご飯を食べたのは1:50。

4時から美容院だったので、それまでちょっとゆっくりする。

 

雨が降っていたので、歩いて美容院へ行った。

美容院の先生に、夫の脳出血のことを話した。

話さないと、なんで夫が来ないのか、変に気を遣わせると思った。

髪の毛を染めってもらって、帰ってきたのは5時半。

あの先生は手が早いので助かる。

 

息子の一次試験の合格通知が来ていた。

合格者4505人。

息子はたぶん、下のほうで受かっていると思う。

これで、面接で半分くらい落とされるらしい。

厳しいなあ…