apapaの日記

apapa奮闘記

手術は終わったけど

夫の手術はとりあえず終わった。

前頭部にチューブが入れられて、つながれている。

今日1日は絶対安静なので麻酔がかかっています、と言われ、やることがないし、看護婦さんに任せて帰ろうと思った。

とにかく、入院の準備をしなければならない。

健康保険証も、どこにあるのかわからないが、探さねば。

夫は通っている病院関係は全部自分で管理している。

持ってくるもののリストをもらった。

ゆかた、おむつは病院のものを借りることにした。

他は…

ひげそり?歯ブラシ?

こんな状態でそんなことできるの?

 

息子はバイクで帰った。

私は、電車で。

これから毎日来なければ。

 

130病棟は集中治療のための病棟で、面会も限られた人しかできない。

入る前にインターホンで入室許可を取る。

そのために、面会できる人の名前を書かされた。

 

とにかく、今できることはやった。

なんとか命はつながった。

そう思って帰宅。

 

まずは息子が買ってきたままのおにぎりを1個食べた。

あまり食欲がわかない。

それで十分だった。

 

健康保険証を探し、入院準備をしてまた義父母を連れて出かける。

夫は麻酔が強くきいて、呼吸器をつけて眠っていた。

眠っている夫を見て、そのまま帰る。

帰りはタクシーを使った。

義父は認知が少し入ってきており、連れて歩くのがかなり大変になってきている。

 

帰ってきて、夕飯。

ほとんど何も食べる気がしない。

でも、始まったばかり。

残っていた2日前くらいのカレーをご飯にかけて食べて終わった。

 

今はただ、もう休もう、

そう思って第一日目は終わった。