apapaの日記

apapa奮闘記

10/14

今日は朝から還元祈願礼式で、またそのあと礼拝。

10/30に千葉のポートアリーナでの役事を受けに行くための、祈願書をもらってきた。

今日の礼拝の内容は、3.1運動の時の柳寛順の話で、来年はその100周年に当たるらしい。

柳寛順と一緒に叫んだ友人が1人いて、その人は2000年に108歳で亡くなったらしいが、生き証人だったという。

私たちも、叫ばないといけないという話だった。

でも、今日はなにかみんな眠くなるような霊界だったらしく、途中で肩もみをさせられた。

叫ぶには、確信がなければならないという。

確かに、朴先生の証本を読んでいると、ゆるぎない確信があれば、自然とすべてがみ旨になっていく。

 

帰りに買い物をして、帰ってきたら1時。

昼ご飯を食べて、今日は息子と一緒に病院へ行った。

 

息子はいつも黙ってみているだけだが、夫は息子の顔を見ると喜ぶので、それでいい。

今日は、左手で握手をして、力を入るのを息子も確認した。

 

息子は5時半くらいに帰った。

そこで話しながら夕食を待っていると、突然、この前同じように半身不随になった息子の同級生の親でもある区議さんが夫婦でお見舞いに来てくれた。

私の携帯にメールを入れてくれたらしいが、気づかなかった。

義母が何か地域の集まりに行くときに、お見舞いに行きたいと言ってくれてたらしいが、そんなに義理のある間柄でもなかったので、本気にしていなかった。

一応、お母さんとは会ったら話はするが、あくまでもママ友なのである。

 

ご主人は、やはり脳梗塞で、夫より若いが、今仕事に復帰している。

口はある程度重いが、杖は持っていてもそれほど使わずに歩け、左手はやはりあまりきかない。

それでも、夫よりひどくて、1年たっていないという。

今できないことは、右手のカフスボタンをとめられないことだけだと言っていた。

夫は感激して泣いていた。

 

あのように、復帰した人を目で見た夫は、どれだけ励まされたことだろう。

本当にありがたかった。

おまけに、お見舞いもいただいた。

姿を見せてくれるだけでありがたい極みだったが、申し訳ない。

 

同じように大変な思いをして、気持ちがわかると言っていた。

やはり、このまま帰っても、先のことを考えると生きてても仕方がないと思ったりすると言っていた。

でも、みんなに励まされたという。

 

夫よりひどかった人が、今はああやって歩けるということを目で見せてもらって、夫は希望が持てたようだ。

人は、同じ思いをしないとその人のつらさはわからないというが…

 

今日はただただ、感謝しよう。

神様、父母様、そして、区議様。

ありがとう。

 

 

 

10/13

今日は病院代を払いに行かなければならなかったので、朝一で支払いに行った。

寝間着代も来ていたので、そっちも支払い、あっという間に現金はごそっと減ってしまった。

 

今週は姪の結婚式のための帰省もある。

息子のバイクの保険料も払わなくてはならない。

ほんとに、早く装具代の返金が欲しいのだが…

 

今日息子は昔のバイト先の事務員さんの結婚式に行った。

夕方、義父母と一緒に病院へ行く。

今日は高田さんも塙さんもお休みだったので、お風呂は力持ちの女性陣だったらしい。

 

夫は少し風邪気味でのどが痛いらしい。

おそらく、風邪を引いた。

ひどくならないように気を付けてください、と一応看護婦さんたちにはお願いしたが…

 

夕食はひじきのおかずを残したが、後は食べた。

頑張ってほしい。

10/12

今日は病院でインフルエンザの予防接種の申し込みをした。

最初は受付で言ったら、ナースステーションだと言われた。

2階に上がって、聞くと、問診票を持ってきてくれた。

やっておかないと、また今年の冬みたいに大変なつらい思いをすることになる。

 

夫のところに行くと、また隣の人と喧嘩をしたという。

隣の人はどうやら認知症で、しゃべらないが、ベッドの柵をガチャガチャと動かしてカーテンを開けたりするらしい。

 

また夫の左手をマッサージしながら話をしていた。

今日は爪も切ってあげた。

明日のお風呂は塙さんかな、高田さんかな、と言っていたら、高田さんが入ってきて、

明日は両方いないんですよと言う。

夫はそれだけでがっかりした。

男の人たちのヘルパーさんが、夫はお気に入りだ。

とてもやさしいらしい。

 

最近はいろいろ面白い設定を考え出してほしい、と皆から言われていて、考えるのが忙しいという。

実際のところは、そんなことでもしていないと暇で仕方がないのだ。

 

今日も夕食は小皿の昆布とサツマイモの何かを残した。

最近は一皿残すぐらいでちょうどいいという。

 

来週は温さん3時間ある日があるという。

なかなか大変だが、頑張ってほしい。

10/11

今日は病院へ行くと、小路さんがリハビリ中と言うか、ほとんど雑談中だった。

言語障害はほとんどないので、小路さんは週1回になっている。

それで、小路さんのことを渡辺さんと月9の女と名付けて遊んでいる。

それで、その話で笑っていた最中だった。

 

隣の人はいびきをかいて寝ている。

そのうち、小路さんは帰って行った。

夫はいつも早く帰りたいと言っているが、そういう姿を見ていると、割と楽しそうにさえ思う。

 

血糖値の計測は週1回になった。

なので、夕食まではやることがない。

私は固まりつつある左手を冷やしながらマッサージする。

 

隣の人をヘルパーさんが起こしに来た。

夕食のために食堂に連れて行くのである。

起こしている最中に、おむつに大きいほうをしていることが分かったらしく、大変そうだった。

ヘルパーさんの「どうしようかな…」という独り言が聞こえ、奮闘している様子がカーテン越しにわかる。

強烈な下のにおいがしてきて、すごくつらかった。

においますよね、と言って窓を開けてくれたので、マシになったけど、隣の人は夫より年上に見えるが、それほど爺さんでもない。

なのに、認知が少し入っているようである。

 

食事の時にはにおいは消えていて、助かったが、入院生活はやはり大変だ。

今日も、魚のおかずは少し残したが、ほとんど食べた。

最近はリハビリもそれほど厳しくやらないようだ。

夫が疲れてきているからである。

 

夫はまだまともに話ができるのでありがたい。

看護婦さんたちも、夫には一発芸とか期待して話しかけるようである。

夫は、それなりに人気者のようだ。

 

なんとか、うつうつしないで頑張ってほしい。

10/10

今日は病院へ行くと、夫はリハビリ中でいなかった。

引き出しの中を見ると、請求書が来ていた。

175000円。

先月よりは安く済んだか。

 

夫にお金の話を意識させたくなかったので、守られた。

まだ解怨献金は完納されていなかったので、もう少しの辛抱だ。

おさめてさえしまえば、あとは祝福まで100日。

このところ、出費が先立って、大変である。

今日確認してみると、装具代の返金はまだ今月末と言うことだった。

 

今日は小澤さんと渡辺さんが日中家屋調査だったので、後にスケジュールが押してしまって、夕食間際まで渡辺さんのリハビリが続いた。

渡辺さんと明るく冗談を言っている間は、夫は楽しそうである。

でも、ちょっと元気はないと渡辺さんが言っていた。

私も渡辺さんのように明るくできればいいが、あまりそういうタイプでもない。

 

夫にはリハビリを頑張ってほしい。

最近はアイビスという電極の機器をつけて、筋力を鍛えているようだ。

左足と右肩が痛いと言っていた。

 

左足は、筋肉疲労の痛みだそうだ。

右肩は今使いすぎてるので痛いようだが、腫れがないので、まだいいという。

 

夕食は魚のほぐし身とカレー味のマッシュポテトだった。

マッシュポテトはほとんど残したが、後は大体食べた。

 

浦辺さんは退院したが、代わりに隣のおじさんが入ってきて、やはりうるさいので、昨日喧嘩したという。

なかなか、4人部屋も大変である。

 

息子は、来週火曜日、ゼミのことで悩んでいた。

就活の体験談を話すのだが、ゼミの仲間で、最近どうしても付き合うのが無理だと感じている男の子がいるらしい。

内心疎んじているので、ラインもそっけなく対応しているようなのだが、相手がわからないらしく、息子がやりたくないことをお願いしてきているという。

話を聞いているとよくわかるのだが、相手はよくいる、そういったことににぶいタイプの子だ。

息子は常識人だが、心に土足で踏み込まれるようなことをとても嫌う。

だから、行くのやめようかなと悩んでいるのだ。

 

これからの人間関係、勉強だろうけど…

 

でも、ゼミの仲間にも会いたいし、ゼミの先生にも挨拶してきたいという。

ならば、そっちを取ったほうがいいんじゃないの、とは言っておいた。

どうするかはわからないが…

 

10/9

今日は夕方病院へ行くと、夫が隣に入ったばかりの患者と喧嘩をしたという。

少し認知症が入っている人らしいが、うるさいそうなのだ。

明日、問題児の浦辺さんが退院するのだが、入れ替わりにまたうるさいのが入ってきたという感じだ。

 

今日も左手を少しずつマッサージした。

今日、食事の時に体を上にずらさずそのままベッドを起こしたので、姿勢に無理が生じたらしく、食べ終わった後、腰が痛いと言い出した。

看護婦さんが来る前にいつも私が上に体をずらすのだが、今日はそれを看護婦さんがやってくれるものと思って当てにしたのがいけなかった。

看護婦さんによって、いろいろ対応も違うので、やっぱり任せきりにはできない。

 

帰り際に温さんが来て、僕明日いないんですが、と言いに来た。

最近は電極を付けて筋力を促す機械を使ってやってるようだが、ランプが5つつくとうまくいってるらしいのだが、それはうまくついているらしい。

 

食事は、ほとんど食べたが、ほうれん草のおかずを少し残した。

明日は病院の支払いが来る。

さて、どのくらいいってるか?

最近はお金のことが心配で、はやく装具代の返金がないか、気にかけているのだが…

10/8

今日は午後から美容院だったので、それまではのんびりビデオを見たりした。

美容院では、姪の結婚式のために白髪染めと、髪の毛を少し減らしてもらった。

帰ってくると、2時半だった。

 

4時になって病院へ行くと、夫も今日は美容師さんにカットしてもらっていたので、久しぶりにさっぱりした。

しかし、気持ちはマイナス方向で、なんだか落ち込んでいるようだ。

慰めようもなく、黙って聞いていたが、そのうち渡辺さんが来たので、明るく会話をしてくれて、少し気がまぎれたようだった。

どうやら、夫の場合はあんまりマイナス方向の場合受け入れてると、もっと陰々滅滅になってしまうようだ。

明るく冗談を言って乗ってくれる渡辺さんに感謝だった。

 

渡辺さんの話によると、今、できることも増えてる代わりに、できないことの自覚もはっきりしてきて、その分の落ち込みも起こる時期らしい。

少し気分転換に一泊の一時帰宅を考えていると言っていた。

 

私は、帰ってきたらお金のことをまず心配で見るのではないかと思って、先祖解怨に使ったお金のことをどう釈明しようかと言う心配にさいなまれていたが、夫が左足が突然動いた時のことを、本当にうれしかった、と涙ぐんで言ったのを見て、やはり、先祖解怨のおかげだと思ったことを考えると、怖がることはない、と思った。

 

30日に、千葉で役事があるというので、代理で解怨した人はできるだけ行ったほうがいいと昨日婦人部長に言われたのだが、前日の29日午後もカンファレンスで休みを取るし、その前の週は姪の結婚式のため2日休みを取っている。

なので、行けないと返事したのだが、やはりだんだん行ったほうがいいと思ってきて、こういった時には心の声に従ったほうがいいと思い、行きたいと連絡した。

 

祈願書を書いてくださいとのことだったので、詳細をお知らせくださいと書いた。

見えない世界のことは、こんなにわかっていてもいまだに現実味を感じないが、それでもこういう時は経験上、従うべきだと思う。

 

さて、休みを取れるだろうか?